Mt.デリシャスの裏ブログ


by dragon-tour
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ライブ裏話( 5 )

忘れ物

1/7木暮武彦新年初ライブ!
開演ギリギリ、遅れて会場へ到着した私。ひとまず楽屋へ直行。シャケさん、原さん、その3に「あけましておめでとう!」と言ってから「あ、そういう場でもないか、、、」とちょっと新年早々反省。

そんな事はどうでもいいのです。「忘れ物」について書くのです。

ライブ前に電話で、「ギター何本?」「2本だよ」「はい」と確認しておいたので、今回は3本の予定を2本で行ったのではなく、2本で演るステージでした。
前回のevi nightでギターを忘れてしまった前科を持つだけに、名誉の為に「今回は2本中、2本、ちゃんと持って来ました!!!」と声を大にして言っておきます。

針生さんとはvol.3の時に御一緒しただけなので、何か最後までいる感じでもなかったので、みんなでご飯を食べに外に出ました。
機材を外に出し、河口湖程ではありませんがオペラシティの寒いビル風の中、原さんたちと車を取りに行ったシャケさんを待っていました。

すると、前方から走ってくるシャケさん発見!!!何故?

知っている方は知っている、シャケさんのお財布はポシェットになっています。以前、代々木公園で落として以来(この時の話はソウルメイトの裕太郎くんがよく知っているはずです)、斜がけのポシェットに最近は携帯電話という大事なものまで入っているのです。

そのポシェットを持っているにも関わらず、、、何故戻って来たのだ。

そう、衣装等を入れていた大バッグのポケットに車の鍵を入れていたのです。慌てて楽屋に入り、私たちを避けるかのように再び走って行くシャケさん。

その後ろ姿をみて、原さん、その1、3は
「お金入れてから気が着いて、今頃またメーターあがっちゃってたりして」
「今度は『お札が使えないんだよ〜』って戻って来たりして」
等々、ありあそうな話をしていました。ところが、なかなか車はやってこないので、ちょっと3人不安。
やさしい原さんが、見兼ねてパーキングまで行こうとしたところで、シャケさん車で登場。
そして無事みんなでご飯を食べに行きました。

と、これで終わらないのがシャケ伝説。

昨日、メールソフトを立ち上げると、evi nightの主催者・海老名さんからメールが。ありがとうございます等々のあと、
「楽屋に男物の茶色ブーツが残っていたのですが、もしかしてシャケさんのではありませんか」
との1文。

海老名さんにはシャケさんの天然っぷりを紹介した事があったので、確信をもってメールを送ってきたに違い無い。

「間違い無く、シャケさんのです。」

まだ1月。今年も数々の伝説を残してくれるであろう。時間と気力が許す限り、こちらの裏ブログで紹介して行きましょう。
もちろん、姫やカツミさんのとかもね。サミーさんにも登場してもらわなくちゃっ!

では今年も1年よろしくお願い致します。

その1
[PR]
by dragon-tour | 2007-01-11 12:33 | ライブ裏話

恐るべしソウルメイト

今やもう遠い昔。。。11/22初台TheDOORSマウデリワンマンライブの夜。

私はスタッフその4(くらい)と一緒に関係者受付に立つ。
そこへヘラヘラ、ヒョコヒョコとやってくる1人の男。
シャケさんのソウルメイト・裕太郎(KING)が気志団のトミーさんと一緒に登場。

「シャケさん、ライブ前に飲んだりするかな?」
「は?(今日、ワンマンなんですけど、、、そんな時間ないんですけど、、、)いや、飲まないでしょ。飲んでも楽屋で飲むよ」
「そっか、俺らまだかかりそうだから、隣で飲んでるよ。
「わかった。」
「あ、ワッシーにここにいるって言っておいて。」

と言われたので、私はその場をその4に託し、ワッシー探しにドアーズの中へ。

どこにもいない。この会場、すれ違う可能性大。とにかく鬼ごっこしてもなかなか捕まえられない会場です。自称走って上から下まで、下から上まで2往復くらいし、息も切れ限界に近付き、その2に
「ワッシー知らない?」
「何か、ご飯食べに行くって言ってました」
「ふへ〜」

仕方なっく、裕太郎の待つドアーズ隣の居酒屋へ。
すると裕太郎とトミーさんのテーブルにワッシーがいるじゃないですか!

「あれ?電話したの?」
「え?その1が教えてくれたんじゃないの?」
「ちがう。ちがう。ご飯食べようと思ってこの店入ったら、このメガネ(と言って裕太郎を指差す)が見えた」

さすが、ソウルメイト。私の2往復自称走りは何だったんでしょ。運動不足の私に神様が与えたプレゼントだったのでしょうか。

そして、ライブ2部前半2曲、PINK FLOYD。すでに酔っぱらった裕太郎氏、もう「ヒー」とか「ホー」とか絶頂を迎えてました。

素敵なソウルメイトたちです。

その1
[PR]
by dragon-tour | 2006-12-13 10:58 | ライブ裏話

ハプニング 番外編。

ドアーズワンマンの翌日、シャケさんは「楽器挫折者救済合宿」の締くくりでもある「感謝祭」へ出演。
合宿に参加さされたみなさんとのセッションの他に、ラストにはきりばやし氏率いる講師陣とのセッションがありました。そこのベーシストがいないとの事で、Mt.デリシャスでもピンチヒッターをしてくれているトッチーがこちらでもヘルプ。

という事で、11時に会場であるクラブエイジアPへ。シャケさんの車から、機材を下ろす為に救済スタッフと共に、車の後ろへ。開かれた車の中には、前日ドアーズの舞台に立っていたティキが横たわっている。
一旦、それを下ろさないと奥のアンプが出て来ません。
渋谷のホテル街に突如現れたティキ。おかしかった。

開場12:30という事もあり、会場内はバタバタ。なんとアコギ15本で演奏するグループがあるとか、色々な方々が出た様です。
ここでまたまた、トッチーとパーカッションを入れての講師陣セッション初リハーサル。
こちらは問題なく終了。

シャケさんの出番は16:30からと言う事で、私はイベントの受付を手伝っていた元同僚などと渋谷の街へ繰り出し、もろもろ情報交換。

16:00前くらいに楽屋へ戻ると、シャケさんは別室にて黙々と練習している様子。何しろ、前日ワンマンライブを終えたばかり。頭の中は「Mt.デリシャス」一色。
トッチーとしゃべりながら、ステージ上の「救済された方々」を眺める。この楽屋、マジックミラーでブラックライト。クラブの妖しいVIPルームでした。

別室から出て来たシャケさん。
「みんな着替えるのかな」
救済のスタッフ&講師陣はみんな「Q-sai」のTシャツ。走り回る、きりばやし氏を捕まえ
「着替えますか?」
そんな余裕はなし、って顔で
「このままですよ」
その後ろで、ゴソゴソ。
「あれ〜、この辺に袋なかった?」
「はい?」
「衣装入ってる袋持って来たんだけど、ないんだよね〜」
「持ってくるの『忘れた』んじゃないですか?」
「ま、いいや。これでやる(ドラT)」

さてさて、そろそろシャケさん本領発揮しますよ〜。
合宿に参加された方々とのセッションは無事に終わりました。

さ〜、行きます。講師陣とのセッション3曲。
1曲目きりばやし氏ボーカル「I wanna be your man」(TheBEATLES)。決まった!
2曲目宇野氏ボーカル「Perple Haze」(Jimi Hendlix)。決まった!
さ〜、ラスト。
3曲目シャケさんボーカル「Honky Tonk Woman」(TheRollingStones)。あれ?
最後、みんな大合唱で盛り上がろうとの事で、この曲順。
しかし!しかし!しかし!
あれ?おかしい。
シャケさん、手を上げ、演奏中止。

チュウーニング、違ってました。きりばやし氏のMCに助けられ、チューニングと気を取り直して、演奏。無事に(?)終了!

これ1発目。

「車とってくるから、機材、運んでおいて」
と言われたので、救済スタッフに手伝ってもらい機材を入り口まで運ぶ。
その後、救済代表と今回の企画や今後の打ち合わせ等々をしていると、シャケさんが戻って来て、物販の女の子に両替をしてもらっている。
「1000円札しか入らなかったんだよ〜」
と行って、1000円札を握りしめ、慌てて出て行かれました。

これ2発目。

再び、話に戻ろうとすると入り口のテーブルの上に、車の鍵が。。。前日のサミーさんのMCを聞いている救済スタッフたち「まさか」。
そうです。1000円札は持って行ったけど、車の鍵を置いて行かれました。
もちろん、慌てて戻ってこられました。

これ3発目。

アンプを入れる為、再びティキを車から出す。ここで、この渋谷の街にティキを忘れて行ってくれたら、最高のオチになったのでしたが、それはならず(笑)。

渋谷の街を後にした私の携帯に、しばらくたってから救済代表から電話。
「シャケさん、衣装忘れた?この袋に昨日、着ていたのらしきものが入っているんだけど、、、」
「え?あ、確認して折り返します。」

そうです、シャケさん、『「楽屋に衣装を持って行った事」を忘れて、忘れ物をしてしまった』のでした。

ちゃんちゃん。
[PR]
by dragon-tour | 2006-11-28 11:02 | ライブ裏話
①序幕(開演が遅れた訳)
この日の入りは14:00。
三国さんを入れてのリハは富士山で行われましたが、ワッシーが揃ってのリハはライブ当日の、この時間から。
その1はセッティングを始めるメンバー&スタッフを横目に、ドアーズスタッフともろもろ進行等の打合わせ。事前に詳細をまとめてファックスを送っていた為か、順調にまとまった。はずだった。。。

リハ中、物販やゲスト受付のセッティングをしていると、VJ トウエイさん登場。
2年振り?くらいにお願いしました。マスターサーモン氏から
「ドラゴン動かして」
と言われていたトウエイさん。
「いや〜、動きましたよ」
と淡々と語りこちらもセッティング開始。

その後はしばらくすることなしのその1。ツアー御留守番のその1は、リハを見るとツアーで試行錯誤の結果決まった、もろもろに口を出しそうなので、早めに到着してくれたその4(サミーさんの言っているのはこの人の事かな?)と打合わせと言う名の早飯。

ドアーズへ戻り、リハを終えたメンバーたちに「食事は?」と聞き回り→買い出し。

その後、どなたかの「イス出した方がいいんじゃない?」の一言で、Mt.スタッフ&ドアーズスタッフてんやわんやの大騒ぎ。
「出した方がいい」「出さない方がいい」で一悶着。もちろん「出す」が採用。慌ててイスを並べるも、「もっといるよ」で倉庫から追加。
それでも微々たる抵抗で、最前列で立って観たい人もいるはず!と思い、『ハ』の字に並べてみる。

「ドアーズに着いた時に、言おうと思ってたんだけど、色々あって、言うの忘れちゃったんだよ〜」
もちろん、その言葉、右の耳から左の耳に流させて頂きました。

開場間際、その2が走って来て
「みんなが開演遅らせたい、と言ってるんですけど、どうします?」
は?
ドアーズの前には、久々に多くの人集り。鬼のその1
「ダメ。5分、いや10分押しで!」
と言い放つ。

しかし、何故この時点である事に気が付かなかったのか、、、その1の反省第1弾。

サイコデリシャス時代から何度も何度もお世話になっているドアーズ。しかし!完全なるワンマンライブをやるのは何と初めてだったのでした。
そうです、毎回「Opening Act」を入れていたのです。今回も色々案はありましたが、セッティングの問題やその1の強行突破で「完全なるワンマン」にしたのでした。

つまりこのドアーズの前に集まっている方々はみな『Mt.デリシャス』のライブを観に来て下さった方々なのです(当たり前です!)。
毎回、開場時間になってもドアーズ前には、人がまばら。開演時間前に確認しにくるドアーズスタッフに
「Opening Actのお客さんが入り切ったら、開演でいいです」
と言っていた。

ツアーFINALという事もあり、取材して下さった媒体関係、協力して下さった方々、そしてラブリ王族を始めとするメンバーの身内関係等々も多数御招待しました。
その為にゲスト受付を設けたものの、結局、ゲストもドリンク代をドアーズ受付で払わなければならないという事態が、開場後に発覚。
その1の手持ちのドリンク券で裏技を行うも、時既に遅し、受付は大混乱。

この日、他にも色々裏技があったので、ドアーズの受付嬢はさぞや大変だった事でしょう。大反省。

で、結局30分近く押してしまったのでした。本当に皆様、申し訳ございませんでした!
悪天候でなくて、本当によかったです。

②中盤
その4に受付を託し、会場内へ。
2階から下の客席を見下ろす。

お〜!ほぼ満員!うれしさと同時に、やっぱり「イスはどうなんだ?」という疑問が。。。

そして偉そうに、VJの横で1部を観る。時折、VJトウエイ氏の技をチラ見。なるほど、なるほど。
この方、なんとも淡々と仕事されるんですよ。
メンバーが楽屋から出て来て、ステージ脇に行くのを見て、こっちは「お〜、始る」とドキドキしているのに、横で一切表情も変えず、焦る事なく画面を眺めているのでした。

ライブ中、何度か螺旋階段越しに客席を見る。やはり後方に人が溜ってしまっている。私の心配を察知したのか、その4が途中、上にやってくる。
ゲストでも上に上がれない状態になっている人もいるので、1部と2部の間に数名を2階へ上げてもらう。
そしてドアーズの偉い人に「イスに座っている方々をもう少し前に行ってもらえるように、したい」と伝えたら、偉い人自ら客席に降り、進めて下さいました。
申し訳ない。アナウンスかなんかしてくれるのかと思ってました。。。

そして2部の頭、姫は休憩なので余裕でインターヴァルの間に、やってきた。

姫「ねえ。この辺に三国さんのタバコなかった???」
1「知らない。無いの?買ってこようか?」
姫「ううん、いい。」
1「いっそ、全身網タイツで買いに行けば」
姫「そうだね〜」
1「あ、でもあの角、交番だった。捕まるね。公然わいせつ罪で」
2人、適当な笑い。
2人の間に挟まれていたVJトウエイ氏、失笑。

③終盤
アンコールの曲が終わる寸前に、ドリンクバーに行き、絶妙なタイミングでビールをゲット。もちろんメンバーの皆様のですよ。
これはバッチリでした。よし。

そしていよいよサイン会開始。ゲストの方々に捕まる面々を無理矢理、下へ下ろし、その4へ委託。この席順も考えに考えての結果。果たして、成功だったのか。。。失敗だったのか。。。
途中、シャケさんのアンプの件でどうしても本人の確認が必要だった為、メンバーのところへ。
参った。テーブルが狭過ぎて、窮屈そう。慌てて、丸テーブルを追加。すみません。大の大人4人にはきつかったですね。

富士山からわざわざ駆け付けて下さったデザイナーやその他、サイン会終了までいらっしゃれないゲストとちょっと挨拶をしてもらう為、度々サイン会を邪魔して申し訳ございませんでした。

と、その1的ハプニングはこんな所でしょうか。

と22日は何とか過ぎました。翌日は、シャケハプニング連発でした!こちらも、姫が色々書いたので、オマケで後日アップしてみたいと思います。シャケさんが、記事の削除方法を覚える前に、書き逃げです(笑)。
[PR]
by dragon-tour | 2006-11-27 18:25 | ライブ裏話

渋谷ラママ編

いよいよ始まりましたツアー『夜明けのドラゴン』。

みなさん、どうでしたか?いやー良かったですね。新曲「マタハリ」。姫のダンス。ギターと奏でる不思議な音。

裏話その1!

ライブ、約1ヵ月振り。にもかかわらず、姫はノーリハで今回のライブに挑みました!ラブリ星での公務多忙につき、富士山まで飛ばせてもらえなかったのか、飛んでこなかったか。

そしてこの日ゲストで参加のワッシーも、リハなし。当日の出演時間は40分。短い!なのでリハも40分。
もちろん「マタハリ」やります。私は克己さんより「オフショット撮っといて〜」と言われ、ビデオを回していましたが、見逃しませんでした!あの姫の「え?」という表情!何となく終わり

「こんな感じでいいよね〜」とボスが言うと
「ね〜、あそこ、おかず減らした???」
「は?どこ?減らしてないよ」
などなど、、、始りました。
「自分が憶えてないだけだろ!!!」

いつになく不安げな姫でした。が、楽屋でシャケさんが一生懸命、曲の構成を教えたそうです。もちろん最後は「ライブ当日に何やってんだよ!もうおしまい!」だったそうな。。。

本番まで、タイラーメンを食べに行く人、電器屋へ行く人、楽器屋へ行く人、バラバラでしたが、姫は一人食事を買い楽屋で練習していたのか、していなかったのか。。。
私は知りません。

で、あの本番。思わず感心。

が、これが吉と出るか、凶とでるか。。。
「私、リハしなくてもできるもん!」
それはまずいですね。

裏話その2

渋谷のラママ、有名なせま〜い待ち合い楽屋の他に、マンションの1室があります。もちろん他のバンドの方と御一緒。
マーシーバンドの方々勢揃いの中、といってもバスルームで着替えを終えて出て来た姫をみて
「うわ!下着かと思った、、、けど、、、」
と驚く面々を気にする事もなく、全身タイツで座り込みタバコを吸いはじめる姫。

私が
「いっそ、全裸でやれば〜?」(ライブ前に電話で話していた時に『衣装ないんだよね〜、色々探してるんだけどさ〜』と言っていたし、サバンナを走り回っている説も浮上しているので)
「あ〜、後2、3年もやってればするかもね〜」
とサラっと答えられてしまいました。。。

衣装やダンスや舞いには、色々とあったので今日のリハでも、話たので、きっとツアー中には進化した「マタハリ」や、衣装が楽しめるのでは!

ちなみに「マタハリ」は『夜明けのドラゴン』には入っていません!!

今日、ラママの翌日、裏原(死語ですか???)で見つけたその1セレクトの衣装も着てくれるといいな〜〜〜。

という事で、メンバーの皆様、そして観に行って下さい方々、いってらっしゃ〜い!

その1
[PR]
by dragon-tour | 2006-10-18 01:49 | ライブ裏話